ハバロフ発:日本人居留民ゆかりの場所「旧日本の派遣軍師団長の官邸 」

You are here Home  > 日本人街旧跡 >  ハバロフ発:日本人居留民ゆかりの場所「旧日本の派遣軍師団長の官邸 」
Item image

1884年/明治17年に元地方総督官邸として建てられ、1950~60年代に何回も建て直された。シベリア出兵時代、日本派遣軍の師団長の官邸として借用された。とりわけ1918年(大正7年)9月から第12師団長大井成元大将、ついで1919年(大正8年)4月より第14師団長栗田直八郎中将、後1919年(大正8年)11月より白水淡中将の3名が次々交代した。現在、極東軍管区の将校会館として利用され、中には講演会、演奏会、各種行事など多目的に利用される大型ホールがある。

日本語名:旧日本の派遣軍師団長の官邸
住所:Хабаровск, Шевченко, 16

“>

※文面、写真は「ハバロフスク日本人居留民の歴史ガイド」製作者兼ガイドである
ポポロツキ―さんによるものですvladpovo@gmail.com


連絡先

Address:
Хабаровск, Шевченко, 16

日本人居留民ゆかりの場所「旧日本の派遣軍師団長の官邸 」

Leave a review

Price
Location
Staff
Services
Food

ハバロフスクに関してのご質問・聞きたいこと?お気軽に♪

contact




Close Comments

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です